前へ
次へ

家庭教師へのアドバイス、子供への勉強の仕方

家庭教師の仕事内容は、必ず自分が話した内容が理解してくれるとは限りません。
何度も同じ説明をしても、理解されない場合もあるでしょう。
その内容は、家庭教師が、この様に教えれば理解してくれると、自分自身で理解しているに過ぎず、その点について注視するのも大切です。
もう物事の理解は、小さなブロックが積み立てられ、それが組み合わせた中で、大きな話が理解できる場合もあります。
小さなブロックが、理解されていなければ、大きな説明が理解できない場合もあるでしょう。
小さなブロックを、勘違いして理解する中で、大きな話を理解するのに繋がっていないかもしれません。
この様な場合における家庭教師は、一度、子供の年齢を幼児まで下げて見てみる方法もおすすめです。
その様な視点に立てば、より分りやすく伝える心構えも現れやすくなり、何に理解ができないのか見えてくる場合もあります。
子供の脳に対して、理解を組み立てていく気持ちで持てば、家庭教師の質が大いに高まりやすくなるでしょう。

Page Top