前へ
次へ

家庭教師の相場料金と注意点

家庭教師にかかる授業料は、個人契約より家庭教師センターの方が高めです。
やはりセンターの方が質の高い信頼のおける先生に頼めるというのが魅力ですが、個人でも知り合いのツテで良い先生に出会えることもあります。
また、小学生から高校生までさほど大きな料金の差はありませんが、やはり受験がある場合は少々高くなる傾向があります。
最も高いのは大学受験を控えた高校生です。
授業料以外にも講師の交通費を負担しなくてはならない場合があります。
家庭教師センターであれば授業料に含まれているところもありますので、その点は事前にチェックが必要です。
また、センターによっては入会金を求められるケースもありますし、個人・法人問わず独自にテキストを使用する場合はテキスト代が必要になることもあります。
その他の注意点として、悪徳業者によるしつこい勧誘や法外な料金を請求されることにも気をつけなくてはなりません。
また講師が子どもにあっていないこともありますので、後々問題が発生した時にすぐ替えられるよう長期契約を避け、後払い制を選ぶのも良いです。

Page Top